So-net無料ブログ作成
検索選択

<乳児揺さぶり>24歳父親に猶予判決 大阪地裁堺支部(毎日新聞)

 大阪府松原市の自宅で、生後3カ月の次女を激しく揺さぶって重傷を負わせたとして、傷害罪に問われた父親の会社員、臼井昭人被告(24)に対し、大阪地裁堺支部(竹内大明裁判官)は4日、懲役3年、執行猶予5年(求刑・懲役3年)の判決を言い渡した。竹内裁判官は「あなたにとって、これからが大変。次女は障害が確実に出ると予想される。一生かけて償って」と諭した。

 判決によると、臼井被告は昨年8月3日ごろ、自宅で当時生後3カ月だった次女の顔を平手で殴り、同6日ごろには、泣きやませるため両脇を抱えて前後に激しく揺さぶり、急性硬膜下血腫などの重傷を負わせた。次女は脳細胞が壊死(えし)し、運動機能障害や知的障害などの後遺症が避けられず、寝たきりになる可能性が高いという。

 竹内裁判官は「痛ましく、被告の刑事責任は重大だが、犯行は偶発的で、次女にどんな障害が残っても支えていく決意をしている」と執行猶予を付けた理由を説明した。【山田英之】

「3年間新卒扱い」 公約で就活支援策 公明の参院選マニフェスト(産経新聞)
父の愛 文字に残そう 京都の病院「パパ手帳」製作(産経新聞)
石田純一、初来日『マイレージ、マイライフ』のアナ・ケンドリックにオヤジギャグ披露!
「新生ファイザーで多角化を一段と強化」(医療介護CBニュース)
新緑の雨滝に傘の花 鳥取で滝開き祭(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。