So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

東北各地で偽一万円札見つかる=35枚以上、青森では男が逃走(時事通信)

 東北各地で偽造された一万円札が相次いで発見されていることが28日までに、各県警などの調べで分かった。見つかった偽札は、宮城岩手福島、青森の4県で35枚以上。各県警は同一犯が関与している疑いもあるとみて、偽造通貨行使容疑で調べている。
 捜査当局によると、偽一万円札は透かしがなく、全体的に赤みがかっており、いずれも25日以降に使われた可能性が高いという。
 青森市内の酒店では27日午後2時ごろ、30歳前後とみられる男が、偽一万円札で1箱300円のたばこを購入。店員がお釣りを渡した直後におかしいことに気付き、近くの焼き鳥店で男を見つけ、服をつかんで銀行への同行を求めたが、手をふりほどいて逃走したという。ただ、この偽札はグレーっぽく、ほかのものとは特徴が異なるとされる。 

【関連ニュース
一万円札偽造容疑で2人再逮捕=飲食店利用か
偽一万円札使用容疑で男逮捕=大量印刷、1枚目で発覚
偽札使用容疑で仏国籍の男逮捕=都内で20枚見つかる
虚偽証言で捜索、署長が謝罪=偽千円札使用事件
偽一万円札使用容疑で男2人逮捕=タクシーなどで35枚使用か

小沢氏側にゼネコン60社、名簿15万人分提出(産経新聞)
「税務上の問題」浮上、相続や納税…相次ぐ疑念 小沢氏の土地購入(産経新聞)
「押尾氏は救命活動、女性遺棄でない」…弁護団(読売新聞)
<小沢氏聴取会見>説明責任「果たしていない」 地元にも厳しい声(毎日新聞)
奈良・若草山 春呼ぶ山焼き 古都の夜空焦がす(毎日新聞)

飲酒運転繰り返す、鹿嶋市職員2度目の懲戒免職(読売新聞)

 飲酒運転で懲戒免職処分を受けた後、地方公平委員会に不服申し立てを行い、復職が認められた茨城県鹿嶋市職員が、申し立て後に飲酒運転をして事故を起こしていたことが分かり、鹿嶋市は20日、再度、懲戒免職処分としたと発表した。

 2度目の懲戒免職処分を受けたのは、市人事課の片田義雄主幹(53)。鹿嶋市によると、片田主幹(当時は地籍調査室所属)は2008年11月14日に酒に酔った状態で車を運転し出勤。飲酒運転を認めたため、市の懲戒処分等基準により懲戒免職となった。片田主幹は昨年2月「処分が重すぎる」として公務員の不服申し立てなどを審査する鹿島地方公平委員会に訴えた。委員会は「飲酒運転の裏付け証拠が全くない」として、昨年12月、停職6か月の処分に修正、復職を認めた。

 しかし、片田主幹は委員会で審査が行われていた最中の昨年3月にも同市内で飲酒運転による物損事故を起こしていたことが発覚。市で調査を進めた結果、鹿嶋署に酒気帯び運転で摘発され、罰金の略式命令や90日間の免許停止などの行政処分を受けていたことがわかった。市は「事故発生時に警察への通報を怠り、目撃者らに事故の口止めをしていた。飲酒運転の常習性は他に例を見ない。公務員としてあるまじき非行の数々は言語道断」などとして2度目の懲戒免職処分を下した。

 片田主幹は今月18日、市に依願退職を申し出たが、市側は保留していた。内田俊郎市長は「誠に遺憾。市民の皆様に心からおわび申し上げる」としている。

福知山線遺族ら意見陳述申し入れ=神戸検察審査会に(時事通信)
世界の原子力災害に急行=医療支援チーム結成−放医研(時事通信)
秋田市の成人式妨害、20歳の会社員ら5人逮捕(読売新聞)
TV報道「関係者」表現、総務相の批判に波紋(読売新聞)
室内物色、気づかれ殺害か…59歳男再逮捕(読売新聞)

田園都市線つきみ野駅で女性が飛び込み 中央林間−長津田間がストップ(産経新聞)

 25日午前10時40分ごろ、神奈川県大和市つきみ野の東急田園都市線のつきみ野駅ホームから30〜40歳代の女性が通過中の急行列車に飛び込んだ。

 女性は病院に搬送されたが、死亡が確認された。大和署によると、駅の防犯ビデオの状況から自殺とみられる。

 この事故で、田園都市線と東京メトロ半蔵門線全線で運転を見合わせた。一部で復旧しているが、正午現在、田園都市線中央林間−長津田間で運転を見合わせている。

【関連記事】
線路に女性飛び込み30センチすき間で助かる 近鉄・藤井寺駅
母親殺害で男を逮捕 瀬戸内海へ飛び込む「死にきれなかった」
ドイツ代表GKエンケ、列車に飛び込み自殺
40分で2人が自殺か 井の頭線で連続飛び込み
横浜駅で男性が飛び込み死亡 朝のラッシュ直撃で影響22万人

ルイ・ヴィトン大阪心斎橋店、ガラス割られ35点盗まれる(産経新聞)
日航スポンサー、大丈夫? エスパルス「今度は助ける番」(産経新聞)
「30歳未満はネットも恋愛も禁止」?? 愛知県条例案に質問や抗議(J-CASTニュース)
【めざせ!ネイル美人】真冬もキラキラ(産経新聞)
外国人参政権反対集会 地方議員1万人の署名目指す(産経新聞)

一畑電車活用協が車両運行を求める提言書 島根(産経新聞)

 島根県の一畑電車でかつて走行し、昨年春に引退した車両の再利用を考える「一畑電車デハニ50形活用検討協議会」(会長=飯野公央・島根大准教授)は19日、地域活性化のために車両を運行するよう求める提言書を溝口善兵衛知事に提出した。

 一畑電車(同県平田市)のデハニ50形は昭和3、4年に製造され、最後の車両は老朽化に伴い平成21年3月末に現役を引退。現在、雲州平田駅(同市)に保管された車両2両の活用方法を探る目的で、県が協議会を設け、4回の会議を経て提言をまとめた。

 提言書は活用策として▽人を乗せて運行し、地域活性化、観光振興につなげる▽期間を限定して出雲大社前駅や松江しんじ湖温泉駅などに展示する▽雲州平田駅構内などで希望者に体験運転をしてもらう−の3案を示した。

 提言書を受け取った溝口知事は「この案に基づき、一畑電車や沿線の松江、出雲両市などと話し合い、歴史的な財産を守り、活用したい」と実現に前向きな考えを示した。

 活用に向けては、現行の法令基準に基づき、防火対応や自動扉の設置などの改造が必要で、試算では1両当たり2億円以上かかるとされる。さらに保守費や人件費などの経費も必要になる見通し。

【関連記事】
山口のクラフトショップが球形スピーカーを商品化
鳥取・境港でカニ感謝祭
越冬ナベヅルの観察ツアー 山口・八代盆地
兵庫・南あわじ市の大鏡餅競争 徳島の男性が初優勝
姫路で全国凧あげ祭り 手作りたこが乱舞

<笠松競馬>最高2億円も 「五重勝単勝式」の勝馬投票券発売−−来月7日から(毎日新聞)
センター試験終了、追試は過去最多961人(読売新聞)
ペルー人少年の在留認める=脳腫瘍手術、国外退去訴訟−東京地裁(時事通信)
<バンクーバー五輪>にぎわうリンク 早くも祭典ムード(毎日新聞)
民主党・山岡国対委員長、補正予算の衆院採決は「25日」の方針示す(産経新聞)

<電車内痴漢>39人を検挙 首都圏の新学期集中取り締まり(毎日新聞)

 警察庁は21日、今月8日から15日(休日除く)にかけ、首都圏の4警察本部が電車内の痴漢を集中的に取り締まり、全39件で33人を逮捕、6人を書類送検したと発表した。新学期が始まり、学生を狙う痴漢多発を予想し、1日あたり約120人の捜査員を動員。被害者は、15人の女子高生を含め20歳以下が約54%を占め、中学生も含まれていたという。

 警察庁によると、逮捕・書類送検された39人(少年含む)の容疑別内訳は、電車内での強制わいせつ2人▽電車内での条例違反(痴漢行為)30人▽同(盗撮など)1人▽駅構内での刑法犯・条例違反6人−−だった。

 被害が発生した路線別では、JR中央線と高崎線、東急東横線が各3件で最多。全国で初めて痴漢対策用車内防犯カメラの試験運用を始めたJR埼京線、地下鉄の東京メトロ東西線、京王井の頭線、小田急線が各2件で、残りの16路線が1件ずつだった。通勤・通学のラッシュの午前7〜9時台が24件と最多で、全体の約62%を占めた。【千代崎聖史】

【関連ニュース
痴漢:愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」
千葉大生殺害:ATMの男を再逮捕へ 発見の包丁に血
催涙スプレー:大手前大学で30人症状 学生数人がまく
児童買春容疑:護衛艦乗組員の海曹長逮捕 神奈川県警
千葉大生殺害:別の強盗傷害容疑などで無職の男を再逮捕

犯行手口は漫画『クロサギ』から?ティファニー強盗の正体とは(産経新聞)
<人工歯根>使い回し疑いの歯科医院長、自殺図る 愛知(毎日新聞)
首相、開き直り? 「秘書と政治家、同罪ではない」(産経新聞)
無党派層と女性の「民主離れ」が顕著に(産経新聞)
NTT西に業務改善命令へ=顧客情報漏えい問題で−総務省(時事通信)

名護市長選 新人と現職が立候補 普天間移設にも影響(毎日新聞)

 任期満了に伴う沖縄県名護市長選が17日、告示された。米軍普天間飛行場の県外移設を主張する前市教育長、稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新推薦=と、自公政権が米政府と合意したキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古)への移設を条件付きで容認した現職の島袋吉和氏(63)の無所属2人が立候補を届け出た(届け出順)。他に立候補の動きはなく、一騎打ちとなる公算が大きい。

 鳩山政権は辺野古移設も選択肢として残し、移設先を再検討しているが、選挙結果は移設問題に大きく影響する。24日、投開票される。

 普天間飛行場は96年、日米両政府が移設を条件に全面返還に合意。名護市は移設候補地となった。97年には市民投票が実施され、代替施設建設に反対が過半数を占めた。しかし、98、02、06年の市長選ではいずれも容認派が当選している。

 稲嶺氏は島袋市政に批判的な保守系市議が擁立し、反自公勢力が推薦。島袋氏は移設問題で歩調を合わせてきた仲井真弘多沖縄県知事や自民、公明が支援している。

 16日現在の有権者数は4万5521人。【三森輝久、井本義親】

【関連ニュース
名護市長選:17日に告示…普天間移設問題に影響
岐阜市長選:政党が距離 民自公自主投票、異例の展開に
名護市長選:新人・稲嶺進氏と現職・島袋吉和氏が立候補
2010岐阜市長選:現職の細江氏、事務所開き /岐阜
名護市長選:17日告示 投開票は24日

<初雪>東京都心で観測 平年より10日遅く(毎日新聞)
小沢氏側への裏献金 鹿島、下請けに指示か 水谷建設に「あいさつ行け」(産経新聞)
<土地購入事件>鳩山内閣の閣僚から苦しい発言続く(毎日新聞)
エスカレーターで転倒8人軽傷=NHK施設見学の中学生−名古屋(時事通信)
<直木賞>佐々木譲さんと白石一文さん 芥川賞は該当作なし(毎日新聞)

【Web】ネットに自由を!「海賊党」拡大(産経新聞)

 ■EUでは議席も獲得 “ゆるい”組織と活動

 インターネット上のファイル交換や海賊版CDの合法化などを主張する政党「海賊党」が、欧州や南北アメリカ各国で次々と設立されている。主な支持層は30代以下のネット世代で、欧州連合(EU)の議会では議席も獲得した。しかし、そうした国際的な広がりにもかかわらず、「司令塔」は不在。従来の政党に比べ、組織・活動面での“ゆるさ”が際立っている。(大内清)

 「おれたちは海賊だ!うおお…」。ドイツ海賊党の広報担当、シモン・ランゲ氏は産経新聞の取材に対し、メールでこう“ほえた”。「既存政党はわれわれを恐れる必要がある」。昨年9月の総選挙で国の助成対象となる得票率2%を達成しているだけに、その言葉には力がある。

 ◆「P」が旗印38カ国以上

 海賊党は2006年、スウェーデンで設立された。主張の柱は、私的目的でのコンテンツのコピーやファイルシェア自由化▽著作権保護の期間短縮▽ネット空間のプライバシー保護▽製薬関連の特許制度廃止−など。これらを通じ、自由な社会を実現するという。

 この年の同国総選挙では得票率1%未満だったものの、昨年6月の欧州議会選でスウェーデンに割り当てられている18議席のうち1議席を獲得(同12月のEU新基本条約「リスボン条約」発効に伴う定数増で2議席目獲得)。これに触発されて世界的に動きが広がり、現在では政党として非公認のものを含め、38カ国以上で活動している。

 多くが同様の主張を掲げ、本家・海賊党のシンボルである「海賊(pirate)」の頭文字をデザイン化したロゴをアレンジして使用している。

 ただ、各国海賊党を束ねる上部組織は存在しない。

 スウェーデン海賊党が幹事役を務める「海賊党インターナショナル」は、あくまでも情報交換の場で、「(各海賊党間での)資金面や人材派遣などの協力関係はない」(オーストラリア海賊党のデビッド・クラフティ氏)。普段の活動もボランティアによる「口コミ」がほとんどで、広範な分野で政策を訴え、集票につなげる従来政党の組織とは一線を画す。

 ◆30代以下が支持母体に

 にもかかわらず、海賊党が勢力を拡大しているのはなぜなのか。「若者が大政党を信頼していないから」とランゲ氏はみている。

 だが、スウェーデンでは昨年4月、著作権侵害を助長したとして大手ファイル交換サイト「パイレート・ベイ」創業者らが有罪となった直後に30代以下の支持者が急増。ドイツでも、ネット上の児童ポルノ取り締まり法案の審議をきっかけに支持が伸びている。ネットの恩恵を享受してきた世代が規制に反発した結果、同党への投票につながった格好。国防や教育といった重要課題では目立った政策は打ち出せていない。

 ネット問題に特化した単一争点政党であるとの批判に対しては、ランゲ氏も「今後は多くの問題で政策を提示していく」と歯切れが悪い。一時のブームで終わるのか、それとも社会運動として定着できるのか、海賊党の“羅針盤”はまだ定まっていないようだ。

<ゾルゲ事件>宮城与徳の勲章、モスクワで発見 遺族に(毎日新聞)
「平成9年当時の献金窓口は樋高剛氏」 元秘書で現民主党衆院議員(産経新聞)
【中医協】地域特性に配慮した診療報酬、次回以降に再協議(医療介護CBニュース)
インフル定点9.18、3か月ぶり注意報レベル下回る(医療介護CBニュース)
「裏献金」翌営業日に入金=同額を小沢氏団体口座へ−石川容疑者、土地購入に使用(時事通信)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。