So-net無料ブログ作成
検索選択

東北各地で偽一万円札見つかる=35枚以上、青森では男が逃走(時事通信)

 東北各地で偽造された一万円札が相次いで発見されていることが28日までに、各県警などの調べで分かった。見つかった偽札は、宮城岩手福島、青森の4県で35枚以上。各県警は同一犯が関与している疑いもあるとみて、偽造通貨行使容疑で調べている。
 捜査当局によると、偽一万円札は透かしがなく、全体的に赤みがかっており、いずれも25日以降に使われた可能性が高いという。
 青森市内の酒店では27日午後2時ごろ、30歳前後とみられる男が、偽一万円札で1箱300円のたばこを購入。店員がお釣りを渡した直後におかしいことに気付き、近くの焼き鳥店で男を見つけ、服をつかんで銀行への同行を求めたが、手をふりほどいて逃走したという。ただ、この偽札はグレーっぽく、ほかのものとは特徴が異なるとされる。 

【関連ニュース
一万円札偽造容疑で2人再逮捕=飲食店利用か
偽一万円札使用容疑で男逮捕=大量印刷、1枚目で発覚
偽札使用容疑で仏国籍の男逮捕=都内で20枚見つかる
虚偽証言で捜索、署長が謝罪=偽千円札使用事件
偽一万円札使用容疑で男2人逮捕=タクシーなどで35枚使用か

小沢氏側にゼネコン60社、名簿15万人分提出(産経新聞)
「税務上の問題」浮上、相続や納税…相次ぐ疑念 小沢氏の土地購入(産経新聞)
「押尾氏は救命活動、女性遺棄でない」…弁護団(読売新聞)
<小沢氏聴取会見>説明責任「果たしていない」 地元にも厳しい声(毎日新聞)
奈良・若草山 春呼ぶ山焼き 古都の夜空焦がす(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。