So-net無料ブログ作成
検索選択

「怖くて…」知人に漏らす=逆らえず事件に加担か−年下の無職少年・石巻3人殺傷(時事通信)

 宮城県石巻市の南部かつみさん(46)宅で3人が殺傷され、次女沙耶さん(18)が連れ去られた事件で、未成年者略取などの疑いで逮捕された無職少年(17)が事件前、「沙耶さんの元交際相手の少年が怖くて逆らえない」などと知人らに話していたことが15日、分かった。
 捜査関係者によると、無職少年は、一緒に逮捕された元交際相手の少年(18)から加担を強要されたなどと供述しているといい、県警石巻署捜査本部は事件での役割や関与の度合いなどを詳しく調べている。
 知人らによると、無職少年はおとなしい性格。沙耶さんの元交際相手の少年の言うことを何でも聞き、使い走りをさせられるなどしていた。無職少年に尋ねたところ「仲が良いんじゃなくて、怖くてあんまり逆らえないんだよね」と漏らしていたという。 

小2男児、学年途中から「女児」 性同一性障害で(産経新聞)
「民主離党や議員辞職はせず」石川被告、議員活動継続を表明 (産経新聞)
デルタ機の黒人男性、死因は酸欠による窒息死?(読売新聞)
「たまゆら」理事長らを業務上過失致死容疑で逮捕―群馬県警(医療介護CBニュース)
<調査捕鯨>抗議船2隻で妨害 緑色の光線照射も(毎日新聞)

<平野官房長官>外交機密費上納、官邸の調査不能 (毎日新聞)

 平野博文官房長官は8日午前の記者会見で、政府が過去に外務省報償費(外交機密費)を首相官邸に上納する慣行があったことを認める答弁書を決定したことに関し、「上納した証拠があるか(事務方に)調べさせたが、官邸サイドに証明するものがない。(関係文書の)保存義務が(期限の5年を過ぎたため)ないということで確認するすべがない」と述べ、上納の事実や使途を官邸側からは確認できなかったと明らかにした。

 政府は5日の閣議で、上納の有無を問う鈴木宗男衆院議員の質問主意書に対し、「かつて外務省の報償費が首相官邸の外交用務に使われたことがあったことが外務省において判明した」と認める答弁書を決定した。平野氏は「外務省で調べた結果としての結論で、何をもって『あった』というか私は承知してない」と述べるにとどめた。

 また、岡田克也外相が「(予算の『移用』を制限する)財政法違反には当たらない」と話していることに対し、平野氏は「どういうところに使われているか分からないから、財政法違反かどうか言及するわけにはいかない」と述べた。【横田愛】

【関連ニュース
平野官房長官:小沢氏不起訴「良かった」
平野官房長官:個所付け事前通知で陳謝
公共工事個所付け:民主が通知後回し 社民・国民新が抗議
普天間移設:照屋議員ら平野官房長官に抗議 斟酌発言で
普天間移設:官房長官「5月末の地元合意にこだわらず」

73歳女性、病腎移植めぐり市を提訴(産経新聞)
<雑記帳>建設会社が「わさびチョコ」発売(毎日新聞)
【町工場から五輪へ】(4)スピードスケートの砥石 (産経新聞)
小沢氏の喚問要求も=大島自民幹事長(時事通信)
タミフル服用後死亡で請求棄却=17歳亡くした父、医薬品機構訴え−岐阜地裁(時事通信)

日米でプリウスをリコール=今週前半にも、30万台−トヨタ(時事通信)

 トヨタ自動車は8日、ハイブリッド車の新型「プリウス」のブレーキ不具合をめぐる問題で、日米でリコール(回収・無償修理)する方針を決めた。対象は昨年5月に発売された最新モデルで、1月末までに販売された約30万台。日米の運輸当局と調整の上、今週前半にも発表する。1月末以降に生産した車は処置済みでリコールの対象外とする。
 新型プリウスをめぐっては、でこぼこの路面や滑りやすい雪道などを低速で走行した際、ブレーキが瞬間的に利かないとの苦情が日米を中心に相次いでいる。日本では20万台弱、米国では10万台前後が対象に上るとみられる。
 トヨタは、横滑りなどを防いで車体をコントロールするアンチロック・ブレーキ・システム(ABS)の作動時に発生する現象とみており、ブレーキの制御ソフトを修正することで対処できるとしている。 

【関連ニュース
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
〔用語解説〕「リコール」
週明けに「プリウス」対策公表へ=トヨタ、米ディーラーに通知
トヨタ、信頼回復に「多くの課題」=NYタイムズ社説
上場企業、経常利益6.9%増=2年ぶり増益-10年3月期決算・時事通信社集計

首相がトップ、2位は邦夫氏…衆院資産公開(読売新聞)
多額横領容疑、ノリタケ旧子会社の元従業員逮捕(読売新聞)
欲しいのは「国民の幸せ」=首相(時事通信)
<訃報>見田盛夫さん76歳=レストラン評論家(毎日新聞)
小沢氏元秘書の石川議員ら3人起訴…東京地検(読売新聞)

殺人 3人刺され女性2人死亡、少年?逃走…宮城・石巻(毎日新聞)

休校など減少傾向も「今も流行中」―新型インフルで厚労省(医療介護CBニュース)

 新型インフルエンザの流行で休校などの措置を取った学校数が、1月24-30日の週は1596校で、前週より500校以上減ったことが2月3日、厚生労働省のまとめで分かった。学校再開以降は増加傾向にあったが、4週ぶりに減少した。新規に入院した患者数は9週連続で減っており、健康局結核感染症課の中嶋建介・感染症情報管理室長は同日の記者会見で、「いずれも減少傾向にある」としながらも、「今も新型インフルエンザの流行は続いている」との認識を示した。

 インフルエンザによる休校などの数は、昨年12月20-26日が2553校、27日-1月2日が18校、3-9日が58校、10-16日が693校、17-23日が2159校。中嶋室長は会見で、ウイルス分離で検出されるインフルエンザウイルスは新型がほとんどで、季節性は11月以降、B型が4件検出されているだけだと説明し、「学校閉鎖などの原因になっているのは新型インフルエンザという状況が続いている」と指摘した。
 一方、新規に入院した患者数は12月30日-1月5日が476人、6-12日が474人、13-19日が427人、20-26日が345人で、学校再開後も減少が続いている。27日-2月2日は速報値で138人で、1月20-26日の速報値211人より少ない。

 中嶋室長は「今も患者の発生が続いているので、1596校が休校などの対応をしていて、速報値だけでも138人が入院している」と指摘。「まだ流行は続いている」との認識を示した。


【関連記事】
小中学生の患者比率が3割超に―新型インフル
インフル定点9.03、8週ぶり増加
入院患者1万人超える―新型インフル、9割が未成年
入院患者のPCR検査を死亡・重症のみに―新型インフルエンザ
インフル脳症が既に132例、「6歳以上も注意を」−感染研

拉致実行犯引き渡しは被害者帰国後に 中井国家公安委員長(産経新聞)
<西武池袋線>夕方、踏切で人身事故 3時間半運転見合わせ(毎日新聞)
衆院選比例選の配分訴訟、東京高裁が請求棄却(読売新聞)
首相動静(2月1日)(時事通信)
<雑記帳>人気の金色オブジェ「天使のうんこ」 京都に登場(毎日新聞)

鳩山首相、小沢氏続投を確認(時事通信)

<大雪>山形で267センチ 新潟235センチ(毎日新聞)

 立春の4日、強い寒気が流れ込んだ影響で、北陸を中心に日本海側は大雪となった。気象庁によると、新潟県では24時間降雪量が一時60センチを超えた所もあり、山形県大蔵村は積雪が267センチに達した。北陸では6日にかけて降雪量がさらに増える恐れがあり、気象庁は注意を呼びかけている。

 4日午後3時現在の各地の積雪は▽北海道幌加内町208センチ▽新潟県十日町市235センチ▽岩手県西和賀町148センチ▽岐阜県白川村146センチ−−などで、平年を上回る所が多い。5日午後6時までの24時間降雪量は多い所で▽新潟県70センチ▽富山県50センチ▽石川県、福井県40センチ−−の見込み。

【関連ニュース】
立春:各地でこの冬一番の冷え込み 都心で氷点下0.4度
大雪:新潟で100センチを予想 4日午後6時までに
雪:交通機関乱れる…スリップ事故や転倒も 関東地方
天気:関東甲信で夜から大雪
3カ月予報:2〜4月 暖かい春になる見込み 気象庁発表

小沢氏説明責任、今後も要求=「疑惑残る」「国会で解明を」−野党(時事通信)
<NHK>「のど自慢」司会に松本和也アナ(毎日新聞)
<原子力保安院>3原発を厳重注意 排水管の誤接続で放出(毎日新聞)
川内原発事故、1人死亡=点検中に火花、負傷6人−鹿児島(時事通信)
<住基ネット>来年度は離脱せず…名古屋市長、半年かけ検討(毎日新聞)

子供部屋、どう与える? 声掛けやすい“自立の空間”に(産経新聞)

 進学・進級のシーズンが近づいてきた。成長とともに気になるのが子供部屋だ。民間の調査からは「部屋を与えても子供に目が届くように」と願う親の姿がうかがえる。専門家は「学習習慣をつけるため、小学生のうちは食卓やリビングで勉強させるのが望ましい。子供部屋は自立を促す空間に」とアドバイスする。(草下健夫)

 ◆「リビング通って」

 望ましい子供部屋の間取りについて、ミキハウス子育て総研が昨年2月、乳幼児の親291人にインターネットで調査したところ、「玄関を上がって、必ずリビングを通って子供部屋に行く間取り」が68・6%に達した。既存の住宅に多い「玄関から直接子供部屋に行ける間取り」はわずか0・8%だった。

 同社の藤田洋社長は「子供をグイグイ引っ張るような“肝っ玉母さん”が少なくなった。表情の見えないメール文化になじんだ今の親たちは、ほめたりしかったりが難しいと悩むことが多い」と指摘。「幼いときはリビングで勉強や遊びをさせる。成長して子供部屋に入っても、声を掛けやすい状況を望む親が多い。それが、現代の子供部屋のあり方のようだ」という。

 リビングでの勉強については「学習習慣は集中力の問題。テレビがついていても集中できる子は集中する。多少オープンな方が親に分からないところを質問しやすい」と藤田社長。

 『中学受験−合格するパパの技術』(朝日新聞出版)の著者で教育に詳しいジャーナリストの清水克彦さんも「小学生は食卓で勉強を」と力説する。

 一昨年に清水さんが調査したところ、男子校の開成中学合格者23人中、食卓かリビングで勉強していたのは15人、子供部屋は8人。女子の桜蔭中学も合格者16人中、食卓かリビングが11人、子供部屋は5人だった。清水さんは「勉強方法を教え、解ける喜びを体感させるため親がある程度の手ほどきを」と訴える。

 食卓は新聞やニュース番組で親子の話題が膨らみ、“見えない学力”を養う場としても重要。有名中学合格者は学習机すら持っていないことも多いという。

 ◆居心地を悪くする

 清水さんは子供部屋の意義について、「自分の空間を管理することで自立と責任感を養う場」と位置づける。ただ、「パソコンやテレビ、携帯電話を持ち込むなど居心地の良い部屋にしないことが大切」という。

 ハード面でもリビングでの勉強に対応する家具メーカーも出てきた。「カリモク家具販売」(愛知県東浦町)は、食卓に横付けできるサイズの学習机を開発。普段は食卓から離して勉強や遊びに使う。そして、子供が成長したら机は子供部屋へ。「子供の空間を確保し、家族のふれあいも大切にしたい」と担当者は話す。

 ミキハウス子育て総研の藤田社長は「立派な子供部屋だから成績が良いとか、立派な人になるといった相関関係はない。親の思いを自信を持って子供に働きかけてほしい」と強調する。

                   ◇

 ■6割が「小学生」で

 ミキハウス子育て総研の親に対する調査によると、「子供部屋を与えたい時期」は小学校低学年(1〜3年)が39・4%で最多。次いで、小学校高学年(4〜6年)23・2%、中学10・4%、5〜6歳5・4%などとなり、6割超が小学生時代と考えていた。

 「子供部屋に1人で寝かせる年齢」も小学校低学年34・7%、小学校高学年26%、5〜6歳9・9%−と、子供部屋を与える年齢と同様の結果だった。

 子供部屋に置きたい物(複数回答)は学習机が83・1%とトップ。本棚81・5%、クローゼット・洋服だんす67・1%、おもちゃ箱64・6%−などだった。

鳥取不審死 運転手宅で不明前に火災 上田容疑者 一緒に飲酒、殺害計画か(産経新聞)
節分 鳩山首相の「鬼」は不景気…早く飛んでゆけ(毎日新聞)
爆窃団、仙台の盗品も所持…捜査員香港へ(読売新聞)
起訴なら石川議員は辞職を=社民(時事通信)
鳥取不審死 運転手宅で不明前に火災 上田容疑者 一緒に飲酒、殺害計画か(産経新聞)

静岡のビジネスホテルで火災、客ら50人避難(読売新聞)

 5日午後9時50分頃、静岡県御前崎市池新田のビジネスホテル「ホテルルートイン御前崎」の1階レストラン倉庫から出火した。

 県警菊川署や牧之原市御前崎市広域施設組合消防本部によると、60歳くらいの男性宿泊客1人が病院に搬送され、右足に負傷しているが会話はできる状態。

 ほかにホテルにいた客や従業員ら約50人が避難した。火災は同10時過ぎには鎮圧状態という。

小沢幹事長の政治団体から 多額の講演料もらうマスコミ人たち(J-CASTニュース)
小沢氏「けじめ」論で平野長官「コメント控える」(産経新聞)
<長崎平和研究所>最後の総会 被爆者の高齢化で存続断念(毎日新聞)
燃料電池の研究拠点視察=鳩山首相(時事通信)
<新幹線事故>ボルト4本付け忘れ パンタグラフ交換の際(毎日新聞)

女子大生遺棄犯人像「帰宅ルート周辺に住む男」(読売新聞)

 島根県立大1年、平岡都さん(19)(島根県浜田市)の遺体が遺棄された事件で、島根、広島両県警の合同捜査本部は、犯人像を推定するプロファイリング(犯罪情報分析)で、「平岡さんの帰宅ルート周辺に住む20〜40歳代の男の、単独犯行の可能性が高い」とする結果をまとめた。

 平岡さんは昨年10月26日午後9時15分頃、浜田市のアルバイト先のショッピングセンターを出て行方不明となり、11月6日、広島県北広島町の山中で遺体の一部が発見された。

 両県警は、遺体の遺棄現場や、平岡さんのものとみられる靴が見つかった帰宅ルート近くの情報などを基に、警察庁科学警察研究所に分析を依頼した。その結果、平岡さんと接触した後、遺体を切断し、遺棄現場まで行き来した状況などから、単独犯で、県立大周辺に土地鑑があるなどと推定したという。

ボンバル機、2機引き返し=警告灯点灯−大阪空港(時事通信)
薬事審不承認でも解約できず=新型インフルの輸入ワクチン−厚労省(時事通信)
<子ども手当>11年度から給食費に導入検討 首相が指示(毎日新聞)
<爆窃団>銀座の他に大丸神戸店でも 高級腕時計を窃盗(毎日新聞)
ごみ収集で市幹部ら不正、無許可業者に便宜 大阪・松原(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。