So-net無料ブログ作成
検索選択

遺留物から無職男DNA型=Tシャツ血痕、荻野さんと一致−千葉大生殺害放火事件(時事通信)

 千葉大生荻野友花里さん=当時(21)=殺害放火事件で、荻野さんの首に巻かれたストッキングから、「刺した」と認めた住所不定、無職竪山辰美容疑者(48)=強盗致傷罪などで起訴=のDNA型が検出されたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。
 また、竪山容疑者の供述に基づき発見された女性物Tシャツに付いた血痕のDNA型は荻野さんと一致。千葉県警松戸署捜査本部は、荻野さんのキャッシュカードを使って現金を引き出した窃盗容疑で、27日に再逮捕するとともに、殺害放火事件で詰めの捜査を急ぐ。
 捜査関係者によると、ストッキングは溶けた状態で、荻野さんの首に2重に巻き付いたまま発見。Tシャツは今月、荻野さん宅近くの千葉大園芸学部施設の敷地内で、凶器とみられる包丁とともに見つかった。
 竪山容疑者は既に、荻野さんを刺したことや部屋に放火したことを認める上申書を提出しており、捜査本部は同容疑者が事件に関与した疑いがさらに強まったとみて詳しく調べる。 

【関連ニュース
【動画】ティファニー強盗、映像公開
残留孤児の身元特定できず=2年ぶりゼロ
フィリピン人少年を逮捕=塗装業者宅強盗容疑で警視庁
無職男、窃盗容疑で再逮捕へ=千葉大生殺害も視野

警官発砲で負傷の男逮捕=車で突進、殺人未遂容疑−愛知県警(時事通信)
【視点】首相施政方針演説 軽い言葉 見えぬ信頼(産経新聞)
秋葉原事件初公判、検察側「無視した者への復讐」(読売新聞)
<秋葉原殺傷>「事実明かし償う」加藤被告表情硬く(毎日新聞)
生後数日の女児を玄関先に置き去り 東京・大田区 (産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。