So-net無料ブログ作成

非吸収性抗生物質「リファキシミン」のライセンス契約を締結―あすか製薬(医療介護CBニュース)

 あすか製薬は4月5日、伊アルファ・ワッサーマン社が創製・開発した非吸収性抗生物質「リファキシミン」の日本での開発・販売権に関する契約を同社と締結したと発表した。これにより、あすか製薬は日本でのサブライセンス権付き独占的開発・販売・製造権を取得した。

 リファキシミンは、腸内の大腸菌をターゲットにしたリファマイシン系の非吸収性経口抗生物質。同社によると、非吸収性のため大量投与が可能で、全身作用が少なく、安全性も高い。
 リファキシミンは、腸内細菌感染症(旅行者下痢症)、大腸に風船のような袋(憩室)ができて、そこに炎症が起こる憩室疾患、肝性脳症などの適応で、既に欧米など世界28か国で販売されているほか、米国で過敏性腸症候群(IBS)について申請準備段階にある。また、リファキシミンの改良製剤も開発されており、欧州でクローン病(フェーズ3試験中)などの適応症で臨床試験が進められている。

 同社の担当者は国内での開発について、既に海外で承認済みの適応症から順に進める予定としている。


【関連記事】
膣委縮症治療薬でライセンス契約―塩野義製薬
抗真菌剤でライセンス契約―アステラス製薬
新作用機序のがん治療薬の独占開発・販売でライセンス契約―中外
肺動脈性肺高血圧症治療薬でライセンス契約―日本新薬
過敏性腸症候群治療薬のライセンス契約を締結―アステラス

自民参院候補にネット殺害予告=脅迫容疑で34歳男書類送検へ−警視庁(時事通信)
当直医師を書類送検=必要検査せず女性死亡−業過容疑で警視庁(時事通信)
セクハラ相談員がセクハラ!酔ってキス強要(スポーツ報知)
<訃報>棚橋美代子さん90歳=日本化学工業会長の母(毎日新聞)
<将棋問題>第1302回 問題(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。