So-net無料ブログ作成
検索選択

開業まで2年、早くも観光名所…スカイツリー(読売新聞)

 東京都墨田区押上の「東京スカイツリー」の建設現場には、29日、国内で最も高い建築物となる瞬間に立ち会おうと多くの見物人が詰めかけた。

 旅行会社や近くのホテルなどは建設中にもかかわらず、スカイツリーを商機ととらえて動き出している。

 開業まで2年近くを残し、新タワーは早くも観光名所として注目が集まる。

 ◆建設現場◆

 スカイツリーを間近で見られる2か所の橋には、朝から熱心な“ファン”数十人が集まった。

 午前10時25分頃、現場に掲示されている高さ表示が「338メートル」に切り替わると、「変わった。変わった」と歓声が上がった。息子の結婚式帰りに立ち寄った北海道函館市の藤村祐悦さん(65)は「日本でこれだけの建造物が造れることを誇りに思う。不況で暗い中、明るいニュース。完成したらまた来たい」と笑顔を浮かべた。

 週末になると、2か所の橋は数千人の見物人であふれ返る。裏道に都外ナンバーの車が進入し、住民の通行の妨げになったり、写真撮影でマンションの非常階段に無断で上がったりするなど苦情も出ている。

 ◆ツアー◆

 「今しか見ることのできない建設途中の東京スカイツリー!」。今月15日、九州の新聞に阪急交通社の広告が掲載された。同社は2月から「知的好奇心を満たすツアーにツリーはぴったり」(阪急阪神交通社ホールディングス)と、国会議事堂などと合わせたツアーを組む。週1〜2回の福岡発は好評で1000人以上を集客。担当者は「予定を変更して6月以降も続けたい」と張り切っている。

 東京観光の定番・はとバスも今月から、土曜日に近くに立ち寄るコースを設定。定員40人を超える申し込みが続き、同社は「完成すれば見られない今に価値を見いだしている」と話す。

 ◆ホテル◆

 近隣ホテルでは、スカイツリーの眺望を売りにしたビジネスに力を入れ始めた。

 約1・4キロ南の東武ホテルレバント東京(墨田区)。24階ラウンジで今月12日、結婚式が開かれた。同ホテルは2月以降、ツリーがよく見えるラウンジを利用した挙式プランをPR。友人らと記念撮影をしていた新郎の杉山裕樹さん(28)(千葉県船橋市)は「ツリーのように明るい家庭を築きたい」と顔をほころばせた。

長官銃撃、時効後の「オウム名指し」に批判も(読売新聞)
<金賢姫元死刑囚>日本政府が5月招へいか 拉致家族会情報(毎日新聞)
<公取委>山梨の30社に立ち入り…県発注工事で談合の疑い(毎日新聞)
<日米密約>文書「破棄」を第三者委で調査へ(毎日新聞)
<鳩山首相>「郵政」閣僚懇での協議を指示(毎日新聞)

サクラ 花見の週末 東京・六義園(毎日新聞)

 東京都心は27日、サクラが開花して最初の週末を迎えた。3月上旬並みのやや肌寒い休日となったが、青空の下、サクラの名所は花見客でにぎわった。

 江戸時代の名園として、美しいシダレザクラで知られる東京都文京区の六義(りくぎ)園には、午前9時の開園から大勢の家族連れが訪れた。思い思いに散策し、枝いっぱいに薄紅色の花を付けたシダレザクラや、ほころび始めたばかりのソメイヨシノを楽しんでいた。4月4日まで、日没以降はライトアップする。【合田月美】

【関連ニュース
姫路城 平成の大修理 「見納め花見」に殺到か
春は舎人公園から:足立区移動支局 空から花見、夜は花火 きょうからまつり /東京
花案内人:花見山で始動 市民ボランティア121人 /福島
花見ぼんぼり:夜桜、楽しんで 「桜まつり」ひかえ設置−−彦根 /滋賀
桜の駅まつり:満開の下でライブ MR浦ノ崎駅で28日 /佐賀

<亀井担当相>郵政改革案「首相が了承したから発表した」(毎日新聞)
「日韓併合まで朝鮮近代化できず」枝野行政刷新相(読売新聞)
石炭じん肺訴訟、国に賠償命令=消滅時効認めず−札幌地裁(時事通信)
<訃報>清水一行さん79歳=作家、「小説・兜町」など(毎日新聞)
<仏頭取り換え訴訟>説明広告の掲載命じる 知財高裁判決(毎日新聞)

【第48期囲碁十段戦】第2局 棋風通りの序盤(産経新聞)

先番 天元 山下敬吾

   十段 張栩

   持ち時間各4時間

   黒6目半コミ出し

   36手まで

 

 張栩(ちょうう)十段(棋聖・王座・碁聖)に山下敬吾天元が挑戦する産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「第48期十段戦五番勝負」第2局が25日午前9時30分、東京・日本棋院の「幽玄の間」で始まった。持ち時間は各4時間の1日打ち切り制。

 立会人の高木祥一九段の合図に、黒番の山下天元は右上星に第1着を打ちおろした。時間をかけず張十段は左下の星と応じた。淡々と布石が進んでいたが右辺の黒模様へ白18と打ち込んで早くも戦端が開かれた。張十段があまり時間を使わず打ち、36手まで進んだところで昼食休憩に入った。

 解説の石田章九段は「地にからい張十段、厚みの山下天元と棋風通りの展開。黒が右下からどうまとめるかがポイントになるでしょう」と語った。熱戦の模様はMSN産経ニュースとQRコードからアクセスした携帯サイトでライブ中継している。

児童虐待、過去最多の725件=09年の人権侵犯−法務省(時事通信)
<火災原因>ライター火遊び4割が子ども 消費者庁など調査(毎日新聞)
「PLANET-C」チームの肩に乗る、手作りあかつきが欲しい件
余ったワクチンは国が買い取って 自民議連が要望(産経新聞)
10年度予算 今夕に成立…参院委可決(毎日新聞)

火災で4階に逃げ遅れ、消防隊員はしごで救出(読売新聞)

 19日午後5時55分頃、大阪市港区市岡4のマンション「グランドニューハウス」(5階建て)3階の無職村上一雄さん(47)方から出火。

 村上さんの部屋約20平方メートルが全焼するなどし、約1時間後に消えた。この火事で村上さんが右足に軽いやけど。また、4階の無職男性(43)が逃げ遅れてベランダに取り残されたが、消防隊員にはしごで救出され、無事だった。

 現場はJR弁天町駅の南約1キロで、住宅や工場が立て込む一角。

DNA誤情報で別人の男性に逮捕状 神奈川県警(産経新聞)
ドラッグストアの売上高、10年連続で増加(医療介護CBニュース)
同意なく研究段階の手術=生体肝移植、倫理委も未報告−東京医大(時事通信)
雑記帳 ランドセル菓子に注文相次ぐ 京都のホテル(毎日新聞)
源純夏氏「緊張感がなくなった」出馬辞退…現職反発で党本部腰砕け(スポーツ報知)

鶴岡八幡宮 大銀杏の植え付け作業終わる(毎日新聞)

 神奈川鎌倉市の鶴岡八幡宮(吉田茂穂宮司)は16日、強風で折れた大銀杏(おおいちょう)の幹の植え付け作業を終え、報道陣に公開した。本殿に続く石段脇で、残った根の約7メートル西側に植え、再生に期待を寄せる。

【無事だったころの写真も】鶴岡八幡宮:大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台

 大銀杏は樹齢1000年とされ、かつて源実朝を暗殺した公暁が隠れていたとも伝えられる。幹回り約6.8メートル、高さ約30メートルだったが、雪交じりの強風の影響で10日朝、根元付近が折れて倒れた。

 再生の可能性があるとの判断で、幹の下部約3.6メートルを植え直した。内部には直径約1メートルの空洞もある。残った根からも、ひこばえ(幼木)が生えるかもしれないという。

 石段は現在、通行止めになっているが、八幡宮は近く、一般の参拝客にも大銀杏を公開する予定。【吉野正浩】

【関連ニュース
<衝撃、大銀杏倒壊>吉田宮司、涙ながらに「つらい…」 
鶴岡八幡宮:大銀杏の幹を移植 倒壊場所から近い西側へ
鶴岡八幡宮:大銀杏倒壊 専門家「90%再生できる」 
<写真特集>毎日植物園・秋 黄金色に色づいたイチョウ並木の下をお散歩

<シャチ>「ナミ」7月デビューへ 名古屋港水族館(毎日新聞)
生方氏の対応批判=鳩山首相(時事通信)
<水俣病訴訟>不知火患者会との和解案受け入れへ 鳩山首相(毎日新聞)
IBMが4千億円申告漏れ 連結納税制度乱用か、過去最大規模(産経新聞)
鳩山元総務相、同調者確保に本格着手=自民離党を与謝野氏に報告(時事通信)

寄付税制、月内に結論=議論前倒しを指示−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は16日午後、首相官邸で開かれた「新しい公共」円卓会議で、所得税額から一定額を直接差し引く税額控除方式の導入を含めた寄付税制の見直しについて、「今月中にでも結論を出してもらいたい」と指示した。
 寄付税制の見直しは現在、政府税制調査会の下に置かれた市民公益税制プロジェクトチームで検討しており、4月中に具体案を取りまとめる予定。首相は結論前倒しの指示を、円卓会議に出席した同チームの一員である古本伸一郎財務政務官に行った。 

【関連ニュース
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

「日勤教育」JR西への損賠支払い命令確定(読売新聞)
「環境テロを許すな」SS到着の晴海埠頭は騒然(産経新聞)
SS活動家を送検=傷害事件でも捜査−海保(時事通信)
皇太子さまがガーナ、ケニア訪問からご帰国(産経新聞)
<別れさせ屋>交際女性殺害被告に懲役15年 東京地裁判決(毎日新聞)

自殺予告、87人防ぐ=通報は最多の223件−警察庁(時事通信)

 2009年に全国の警察が通報を受けたインターネット上の自殺予告は223件、228人で、前年より43件、32人増え、統計を取り始めた06年以降の最多となったことが4日、警察庁のまとめで分かった。このうち、警察官や家族が救護したり説得したりして自殺を防いだのは87人で、8人減った。
 通報された228人の中で身元を特定できたのは193人。うち11人は既に自殺を図っており、2人は死亡したが、9人は救護された。自殺の恐れがあったが、説得などで保護したのは78人。中には集団自殺を呼び掛ける書き込みをし、硫化水素を発生させる薬剤を持っていた人もいた。 

【関連ニュース
自殺対策でキャンペーン=福島担当相
自殺対策緊急プラン、5日に決定=内閣府
自殺対策100日プラン=福島担当相
自殺見届け役の学生ら再逮捕=嘱託殺人未遂容疑
自殺者、11年連続3万人=08年度版白書

<阿久根市長>毎日新聞など5社を名指し批判 議会出席拒否(毎日新聞)
<中2自殺>「いじめ確認できず」…東京・清瀬市教委(毎日新聞)
鳩山首相、北教組の不正資金提供は「特殊なケース」(産経新聞)
撲滅月間の振り込め110件=警察名乗るカード詐取増加−警視庁(時事通信)
<孤独死>「ゼロ」目指し研究会 千葉・常盤平団地(毎日新聞)

温暖化対策法、排出量取引と原発残し合意(産経新聞)

 政府の地球温暖化問題に関する閣僚委員会は9日、副大臣級会合を開催し、国内排出量取引制度と原子力発電の利用をめぐる記述の2点を除いて、「地球温暖化対策基本法案」(仮称)の原案に合意した。

 排出量取引制度の記述については、仙谷由人国家戦略担当相と小沢鋭仁環境相に一任することで一致。原発の利用の扱いは引き続き、平野博文官房長官が与党内の調整を図る。

 会合後に会見した小沢環境相は、一任された排出量取引制度を含めて、法案の最終案を11日にも閣僚委員会に提示し、12日の閣議決定を目指す考えを明らかにした。

【関連記事】
鳩山首相「原子力はCO2減らすために不可欠」
原発の新・重商主義 官民で挑む日本
密室”批判受け、温暖化対策基本法案の閣議決定先送り
温暖化基本法案「国民対話が重要」 連合、政府に申し入れ
太陽光で発電、海外市場開拓へコスト削減必要
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<もんじゅ>下請け2社献金 敦賀市長に5年で222万円(毎日新聞)
対ガンブラーで14社結束、情報共有し防御研究へ(読売新聞)
保育所経営の女、書類送検へ=乳児死亡で業過容疑−警視庁(時事通信)
「住宅エコポイント」 対象や併用の可否よく確かめて(産経新聞)
学力テスト 問われる抽出方式(産経新聞)

<ソーラー飛行機>2年後に世界一周に出発 スイス人が挑戦(毎日新聞)

 太陽エネルギーだけで飛ぶ飛行機で世界一周する計画「ソーラー・インパルス」が5日、東京都内のスイス大使館で発表された。スイス人冒険家のベルトラン・ピカールさん(52)らは12年夏に中国を出発。2週間〜1カ月をかけて中国−日本−ハワイ−米東海岸−欧州−中国というルートを交代で飛ぶという。

 チームによると、昨秋完成した試作機はグライダーのような外観で1人乗り。10馬力のプロペラエンジン4基を備える。ジェット旅客機に匹敵する長い翼(約64メートル)の上面に約1万2000枚の太陽光発電パネルを搭載。日中は天候に左右されない高度8500〜1万2000メートルを飛びながら充電し、日没後は高度を下げて飛ぶ。炭素繊維を使って軽量化を図り、総重量を乗用車並みの1.6トンに抑えた。今月中に本格的な飛行実験を始め、今年中に36時間連続飛行に挑むという。

 ピカールさんは99年、熱気球で無着陸世界一周に成功。祖父オーギュストさんは31年、気球で成層圏に到達し、父ジャックさんは60年、マリアナ海溝で最深潜水記録を樹立するなど冒険家一族として知られている。【元村有希子】

145センチの津波観測=大槌町の潮位計で−岩手(時事通信)
<白馬モーグル大会>協賛有無にかかわらず「JAL杯」で開催へ 来月11日(毎日新聞)
カード詐欺団「日本担当」逮捕、被害5億円か(読売新聞)
母の遺体自宅に放置、会社員逮捕=「年金もらえなくなる」−兵庫県警(時事通信)
「普天間先延ばしなら、6月に議員辞職」下地氏(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。